世界と木の実 世界とフルーツ 輸入製造元

ピスタチオ
商品紹介商品紹介

ここをクリックピスタチオイラン産はこちら

ここをクリックピスタチオのこぼれ話【健康】はこちら

品名 ピスタチオ (ウルシ科 ピスタキア属)
主産地 米国 カリフォルニア州
収穫 8月末から10月にかけて、果皮がはじけはじめると、収穫期をむかえます。
ツリーシェイカーで揺すると、一斉に実が落ちます。
加工処理 農業主等によって集荷→貯蔵・燻蒸→殻取り→選別→様々な加工[ブランチング(皮むき)カッティング(スライスetc)]→選別→パッキング→出荷
逸話

アイボリー色の殻に包まれたピスタチオは、鮮やかな緑色の実を持つことから『緑の宝石』(エメラルドジェム)と呼ばれ、美しさとおいしさを兼ね備えた気品のあるナッツとして親しまれています。
カリフォルニアでは、1929年に中近東から優秀な品種が導入され、栽培が行われました。今日では、アメリカは世界2位の生産量を誇り、収穫から加工まで一貫して機械化され、安全性に十分配慮した衛生的な取扱と高品質が世界のユーザーから高い評価を受けています。

品質管理

加工工場で、電子選別、サイジングが行われます。工場内の検査室では、サンプリング検査によって、アフラトキシン等が厳しくチェックされ、安全性と品質との証明を受けます。
米国農務省では、ピスタチオに関してUSファンシー、US№1、US№2、US№3、の規格を厳密に定めています。
弊社は使用原料にUSファンシーよりも、ワンランク上のハイグレード品質を使用しております。

フォトギャラリーフォトギャラリー
  • ピスタチオの木と鈴木社長

  • ツリーシェイカー

  • 外殻の中の実

  • ピスタチオ畑

  • 収穫後の選別機

  • 貯蔵タンク

  • 乾燥機

  • 搬送

  • 洗浄

  • 選別